News

2022.2.20

「新型コロナウイルスワクチン接種」について知っておきたいことをまとめた資料を公開しました

血液疾患患者さんが「新型コロナウイルスワクチン」を接種する際に知っておきたいことなどをまとめ、資料にしました。

血液疾患患者さんのための「新型コロナウイルスワクチン」のはなし

患者さんやご家族ほか、医療従事者の方々にもご参考いただけましたら幸いです。先日発表した研究論文をもとに、藤田医科大学血液内科多職種連携チーム(F-HeART)が作成しています。

2022.1.20

血液疾患患者さんにおける新型コロナワクチン接種後の抗体価の変化を、臨床研究を実施して明らかにしました。岡本晃直講師らが、その成果をBlood Advances誌に報告しました。

藤田医科大学、安城更生病院、岐阜市民病院の共同研究です。300名以上の患者さんやその御家族の方々に協力を頂きました。心より感謝申し上げます。

悪性リンパ腫治療中や治療後数ヶ月までの患者さんほか、一部の血液疾患患者さんにおいて、接種後の抗体価の上昇が特に不良であることが確認されました。患者さんにおかれましては、接種後も油断をせず引きつづき感染予防を実施していただくことが大切と思われます。

発表論文

プレスリリース

報道1 報道2 報道3

2021.10.3

生検が困難な中枢神経悪性リンパ腫について、脳脊髄液を用いた遺伝子解析技術を用いて発症早期に検出することに成功しました。入山智沙子准教授が、Annals of Hematology誌に報告しました。

当学脳神経内科との共同研究の成果です。ご協力いただきました患者さんや関連の方々に心より感謝申し上げます。

発表論文

藤田がんセンター(FCC)の記事

2021.6.26

第61回 日本リンパ網内系学会総会(岡山)において、当科と共同で研究を行っている脳神経内科 村手健一郎先生が「優秀演題賞」を受賞しました。

第61回 日本リンパ網内系学会総会ホームページ

中枢神経悪性リンパ腫における髄液を用いたリキッドバイオプシー(遺伝子解析)の有用性を検討した内容です。ご協力をいただきました多くの方々に、深く感謝申し上げます。

受賞の様子

2021.4.30

第10回日本血液学会東海地方会において、加藤駿晴先生が「優秀演題賞」を受賞しました。

第10回 日本血液学会東海地方会 Webサイト

確定診断が困難であったリンパ腫患者さんにおいて、網羅的遺伝子変異解析(クリニカルシーケンス)が診断に寄与したことについて発表をさせていただきました。患者さんならびに研究にご協力をいただきました多くの先生方に、深く感謝申し上げます。

2020.12.31

第60回リンパ網内系学会総会主催「第60回日本リンパ網内系学会総会主催 血液がんに関わる方へのWEB公開セミナー 血液がんとともに今を生きる 〜正しい情報選択と社会復帰への支援〜」のWEB公開が終了しました。

多数の方々にご試聴をいただきまして、誠にありがとうございました。

案内チラシ

2020.12.24

藤田医科大学、名古屋大学、京都大学による共同研究の成果が、Blood誌オンライン版に公開されました。

2020.2.16

第240回 日本内科学会東海地方会において、研修医加藤駿晴先生が「優秀演題賞」を受賞しました。

詳しくは日本内科学会Webサイトをご覧ください。

  • 臨床

    Clinical

    最新の知見をもとに、それぞれの患者様に現時点で最適な治療を、患者様・ご家族・コメディカルスタッフ・地域の関連病院などと相談しながら提供していきます。

  • 研究

    Research

    新しい診断方法の開発といった基礎研究から、新たな治療方法を開発するための臨床研究まで、多くの施設と協力しながら推進しています。

  • 教育

    Education

    内科学全般にわたる幅広い知識と技術を持った、地域の血液診療を担う次世代の血液専門医を養成することを使命としています。

ページトップへ戻る